歯の健康を第一に!絶対損をしない歯医者選びとは

歯の健康を第一に!絶対損をしない歯医者選びとは

痛みが無くなれば良い?

我慢出来ない歯の痛み。
私は経験豊富な大島の歯科にかかり、早期の段階だったのできれいに治療してもらうことができましたが、
歯医者さんに駆け込む人たちは、一刻も早く痛みを和らげて欲しいと願っています。

 

とりあえず歯科医院に行ったけど、何となく合わない感じがして他の歯科医院へ。
このように歯医者を転々とする現象を、歯科医難民というのです。

 

歯科医とは、専門的な知識を必要とする職業です。
余計なことを聞いたらいけないんじゃないか、よくわからないから任せてしまおう。
こうした思い込みから、歯科医に対して何も言えない患者が結局損をしてしまうのです。

 

歯科医院に行くと、必ず保険証を提示しますよね。
保険証の提示とは
「保険の適用範囲内なら歯科医に全権委任する」という患者の意思を表しています。
いわゆる準委任契約というものです。

 

保険適用外の治療を受けることも出来ます。
インプラントといわれる人工歯が代表例です。

 

保険が適用されないということは、患者が膨大な費用を負担しなければいけません。
広告に乗せられてインプラントをしたけど、
かえって痛みや違和感が増加したというケースも存在します。

 

インプラントは安いものでも数十万円かかります。
それだけ払って症状を悪化させるなんて、勿体ないですよね。

 

口の健康は、身体の健康に直結します。
歯をいつまでも健康に保ちたいなら、良い歯医者を探しましょう。

 

すぐに痛みを取ってくれるだけで良い歯医者と決めてはいけません。

 

歯科医院も利益を上げなければ潰れてしまいます。

 

目先の利益に囚われることなく、患者の歯を最優先に考えてくれる歯科医をみつけるには、
私たち自身が積極的に動かなければならないのです。

目と耳を使って見極める

歯科医院が利益を上げる方法は2つです。

 

1つは、より多くの患者を診察することになります。
そのためには、患者1人当たりの診察時間を短くする必要があります。

 

もう1つは、先ほどお話ししたように高額な保険外治療を受けさせることです。

 

質と量、どちらかにこだわることで歯科医院は生計を立てているのです。

 

良い歯科医を見分けるには、この発想を逆転させてみましょう。

 

つまり、保険適用しながらも時間をかけて診察してくれる。
こんな歯科医は、少なくとも目先の利益獲得に走っていないと考えられるのです。

 

初診の問診は、大変重要です。

 

患者の目線から、症状や治療の展望について30分以上かけて説明してくれるか。
これも、良い歯科医を見分けるポイントといえるでしょう。

 

患者の側から保険適用を申請したのに、
詳しい解説もなくインプラントなどを薦めてくる歯科医師には要注意です。

 

高額な治療をせざるを得ない場合は、
費用や治療方法について充分説明があり、文書にしてくれる歯科医が理想といえます。

 

治療の過程で、何もいわずに歯を抜かれた経験はありませんか?
なぜ歯を抜かなければならないのかといった質問をしても、
「専門的なことだから」と煙に巻かれる医師も信用出来ません。

 

患者は人間です。
目を見て話さない、謝罪をしないといった対応をされると、
治療に関しても疑わざるを得ないのです。

 

歯科医を訪れたら、はじめに自分の症状をきちんと話しましょう。

 

その後、真摯な態度で説明を加え、
質問にも時間をかけて答えてくれる歯科医でなければ、
他のクリニックへ行ってみることをオススメします。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ